保定装置(ホーレータイプリテーナー)

2013-12-22 16.19.22 2013-12-22 16.19.55
保定装置

可撤式装置(ホレータイプリテーナー、トゥースポジショナー、アクチバトール、チンキャップなど)

固定式装置(ボンデットリンガルリテーナー、バンド、スパー、ブリッジなど)

矯正治療の装置の保定装置として、機能的装置 ホレータイプリテーナー、トゥースポジショナー、ボンデットリンガルリテーナー、バンド、スパーと呼ばれるものがあります。

これは、矯正治療の術後に歯並びの安定(歯の位置の保定)のために必要な矯正治療装置で、装着期間のの目安は、治療に要した期間の約1,5倍から2倍の期間装着してもらい、術後のかみ合わせと歯並びの安定を図ります。

 

また、装置の形態によっては、若干の後戻りの修正や、治療の早期切り上げと装置による引き続きの仕上げ治療が可能のです。

 

利点

  • 術後わずかな後戻りをワイヤ調整でコントロールすることができる
  • 可撤式(取り外しが可能)なので、矯正治療中の虫歯の心配が少ない、着脱式でお口の清掃がしやすい
  • 着脱、調整が容易
  • 若干の後戻りの修正や、治療の早期切り上げと装置による引き続きの仕上げ治療が可能

など

欠点

  • 患者様の協力が必要
  • ワイヤーが目立つ
  • 装置の製作がやや煩雑
  • ワイヤー部分の変形に注意が必要

乳歯期の受け口(反対咬合)の治療装置

ukeguchi-01.jpg

 

 

 

お子様の「受け口」=反対咬合を治療する装置があります。

この装置は、なるべく長い時間はめてもらうことによって治療期間が短縮されて効果も確実に上がります。そのため、お子様ご本人の協力も得られるよう、好きなキャラクターを聞いて、オリジナルに制作したものです。

ukeguchi-02.jpg

 

 

 

治療前のお口です。

ukeguchi-03.jpg

 

 

 

治療後のお口です。

簡単な装置で「受け口」=反対咬合を完治させることができました。小学生くらいの年齢ならば、早期に治療を行なうことで、お顔の形の発育も正しく矯正する効果があります。