歯を抜きたくない場合の歯列矯正治療

 

 

ガタガタした歯が原因で、虫歯や歯槽膿漏(歯周病)が起きた場合、歯を悪くしたり、失ったりする歯は、その部分の複数歯に及ぶことがあり、予防的に、早期に歯並びをそろえたり、原因を引き起こす歯の周囲のを助けるために、原因歯をのみを抜歯し、その周囲の歯を守ることが必要なことが多くあります。

 

100605(127)

 

ガタガタした歯が原因で、虫歯や歯槽膿漏(歯周病)が引き起こされる前の状態で、将来的なリスクが予測されます。

 

100605(126)

歯列から飛び出た歯のみを抜歯しました。(この場合、抜いた歯の穴も、歯の隙間も自然に治癒する場合が多く矯正治療は必要ありません)

140630(5)

同じような場合で、どうしても歯を抜きたくない場合はこのようjな矯正治療が有効になり、歯を抜かずにすませることができます。

140630(4)