骨年齢

CPA2_140726202718

 

矯正治療の際に、実際の年齢と、個人差のある成長発育年齢のいわゆる生理的年齢を総合的に判断して、矯正治療のタイミングなどを見計らう際に役立てる検査の一つとして、骨年齢の評価法があります。

骨年齢の評価は、通常、手のレントゲンを撮影して行われます。そして、標準的な骨年齢アトラスを参考にして、その年齢での骨核の出現状況等と比較して、成長発育年齢のいわゆる生理的年齢を求めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です