矯正治療の検査

矯正治療(歯列矯正治療)の検査

矯正治療(歯列矯正治療)の検査には以下のような検査が行われます。
  • 顔、頭のレントゲン
  • 顎ののレントゲン
  • 歯のレントゲン
  • 手のレントゲン
  • 歯と顎の模型の分析
  • お口の中と顔の写真
などです。
  • 顔、頭のレントゲン(顔と、頭と、顎の成長とバランスを診断するのに用いられます。また、このレントゲンは、経年的な変化を、一定の規格基準で撮影し、比較診断します。)
図2
  • 顎ののレントゲン(全体の顎の大きさと、歯の大きさのバランスや、歯の根の角度、歯の生え変わりや成長の様子などを調べます)
(10)
  • 歯のレントゲン(矯正治療に伴い虫歯や歯槽膿漏、歯周病、歯の根の病気などを調べます。)
1308277-300x118  
  • 手のレントゲン(成長発育年齢のいわゆる生理的年齢を調べます。)
手のレントゲン
  • 歯と顎の模型の分析(歯と顎のバランスや、かみ合わせなどを調べます。)
図1
  • お口の中と顔の写真
  • 図4
  • 図6
  • 図51
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です