保定装置(インビジブルリテーナー)

 2013-12-22 16.20.10 130617(224)
保定装置

可撤式装置(ホレータイプリテーナー、トゥースポジショナー、アクチバトール、インビジブルリテーナー、チンキャップなど)

固定式装置(ボンデットリンガルリテーナー、バンド、スパー、ブリッジなど)

矯正治療の装置の保定装置として、機能的装置 ホレータイプリテーナー、トゥースポジショナー、ボンデットリンガルリテーナー、バンド、スパーと呼ばれるものがあります。

これは、矯正治療の術後に歯並びの安定(歯の位置の保定)のために必要な矯正治療装置で、装着期間のの目安は、治療に要した期間の約1,5倍から2倍の期間装着してもらい、術後のかみ合わせと歯並びの安定を図ります。

 

この中で、インビジブルリテーナーは、若干の後戻りの修正や、治療の早期切り上げと装置による引き続きの仕上げ治療が可能のです。

 

利点

  • 術後わずかな後戻りを模型上(歯型)でコントロールすることができる
  • 透明で、ほとんど目立たず、審美性に優れる
  • 可撤式(取り外しが可能)なので、矯正治療中の虫歯の心配が少ない、着脱式でお口の清掃がしやすい
  • 着脱、調整が容易
  • 若干の後戻りの修正や、治療の早期切り上げと装置による引き続きの仕上げ治療が可能
  • 装置の製作が容易

など

欠点

  • 患者様の協力が必要
  • 装着を忘れた期間が長い場合で、再度装着できない場合、歯型をとり直して再製作が必要
  • 装置が薄い場合、割れやすい
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です