ブログ

歯科歯列矯正ドットコムのブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

異所萌出した永久歯に対する矯正治療

永久歯が歯列の内側や外側に生えてきた場合、早期に矯正治療を行うことで、将来大事に至ることを防げるだけでなく、短期間で矯正治療を終えることができ、お子さんの矯正治療の負担を減らすことができる場合あります。

150602(6)

150602(7)

前歯と犬歯の間の歯が、上顎の内側(上あごの中側)に生えてきました。

150115(67)

わずか1本の永久歯の異所萌出(異常な場所、変な場所に生えてくること)のせいで、咬み合わせ全体まで狂いが生じてきています。

このような場合、早いうちに(早期に)矯正治療を開始しておくことが、いい治療に結びつきます。

150602(8)

早期に治療を行わなければなりませんが、永久歯がまだそれほどしっかり生えてきていないため、矯正の装置を付けるために、無痛レーザーで歯ぐきを軽く切除して、矯正装置を装着します。

150602(10)

150602(9)

歯列を広げるスプリングの矯正装置(ばねの矯正装置)をつけ、内側の歯が萌出するためのスペースを作ります。

150602(11)

異所萌出(異常な場所、変な場所に生えてくること)していた永久歯を正常な場所に矯正することができました。

それに伴い、咬み合わせも正常な状態に回復してきました。

150602(5)

このようなタイミングで矯正治療することで、矯正治療の負担を最小限にすることができます。

歯を抜きたくない場合の歯列矯正治療

 

 

ガタガタした歯が原因で、虫歯や歯槽膿漏(歯周病)が起きた場合、歯を悪くしたり、失ったりする歯は、その部分の複数歯に及ぶことがあり、予防的に、早期に歯並びをそろえたり、原因を引き起こす歯の周囲のを助けるために、原因歯をのみを抜歯し、その周囲の歯を守ることが必要なことが多くあります。

 

100605(127)

 

ガタガタした歯が原因で、虫歯や歯槽膿漏(歯周病)が引き起こされる前の状態で、将来的なリスクが予測されます。

 

100605(126)

歯列から飛び出た歯のみを抜歯しました。(この場合、抜いた歯の穴も、歯の隙間も自然に治癒する場合が多く矯正治療は必要ありません)

140630(5)

同じような場合で、どうしても歯を抜きたくない場合はこのようjな矯正治療が有効になり、歯を抜かずにすませることができます。

140630(4)

年齢による拡大装置(顎を広げる装置)の選択

矯正治療における、拡大装置(顎を広げる装置)は、年齢や発育の状態に応じて、様々な使い分けがされます。

040306(136)

 

乳歯列期や混合歯列期において、顎を広げたり、顎の発育を促したり、顎の発育を阻害する要因を取り除いたり、排除したりして、顎の大きさが発達しやすいようにして顎を広げます。

 

110528(17)1

120331(187)

 

乳歯列期や混合歯列期において、ちょっとした歯の生え変わりのコントロールで、顎を広げたり、顎の発育を促したり、顎の発育を阻害する要因を取り除いたり、排除したりして、顎の大きさが発達しやすいようにして顎を広げます。

 141226(9)

 

小学校低、高学年から、高校生ぐらいまでの、身長などの発育期に、上顎がまだ、未完成状態の時期に、顎の真ん中の骨を広げ、顎の骨格を広げます。

101030(100)

 

顎や、骨格が完成した成人期に、歯列や歯と歯の距離を広げ顎を広げます。

 

これらの装置は、それぞれ、適応の意味と、時期があり、うまく選択することで、適切な矯正治療が行えます。

歯列不正が原因の虫歯

歯並びがデコボコしたり、乱れたりしている歯は、お手入れが行き届きにくくなるため、虫歯や歯槽膿漏(歯周病)を引き起こす原因になります。

150202(24)

 

歯列不正のため、大きな虫歯になっている

150202(23)

 

 

虫歯、歯槽膿漏(歯周病)の治療のために抜歯した歯

 

 

031208(65)

 

歯列不正のために3本が大きな虫歯になっていて、強い痛みが出ている

 

031208(66)

 

抜歯した歯(大きな虫歯のために、強い痛みの原因になっていた)

031208(70)

 

抜歯した歯の前後の歯も大きな虫歯になっていた

031208(74)

 

抜歯後1週間後、出血のない状態でむしば治療

031208(78)

 

歯の神経の近くにまで進行した大きな虫歯(抜歯や、歯の神経を抜かずに治療)

 

このような状態になる前に、歯列不正の治療あるいは、予防治療が必要になります。

歯列不正(不正咬合)の予測的判断と治療(虫歯予防、非抜歯矯正含む)のメリット

 140906(101)

 

11歳男子

 140906(102)

 

 

25歳女性

 

上の発育期(成長期)のお子さんの歯列不正は、自然治癒したり、きれいな歯列に回復することはなく、成人期(成長発育が終わった段階)では、下の患者様のような歯列になります。

成人した段階で、歯列矯正(矯正治療)は可能ですが、口元のバランスなども考慮した場合、抜歯矯正か非抜歯矯正かの選択が必要になり、どちらを選択しても、歯列矯正(矯正治療)の期間は約1年ほどかかります。

しかし、早い段階で検査を受け、予防的な治療が可能と診断できる場合、顎の成長を促し、歯を抜かずに歯列矯正(矯正治療)をすることが可能であり、治療期間も約6か月から9か月で終了し、早く、楽に歯列矯正(矯正治療)が終了できるメリットもあります。

 

140906(101)

 

初診時

 141226(7)

 

治療開始時(顎を広げ、お口の中で、歯並びがきれいになるスペースを作る、口元が出っ歯たり、広がったりはしない)

 141226(9)

 

2週間で顎が広がりました。

 141226(1)

 

治療開始からわずか3か月で歯列が整いました

 

更に、早い段階で、歯列不正(不正咬合)を治療しておくことで、虫歯やかみ合わせの問題も予防することができます。

071108(243)

歯磨きができないため前歯2本が虫歯になっている